HOME






コンサルについて
今日、解決困難な社会問題があり、そこに挑戦しようとしているソーシャルアントレプレナーは常に課題を抱えています。志があるにもかかわらず、問題の難しさのためスケールアップが難しく、これにMBAホルダーが共に歩み、経営や資金調達に加え、多面的な支援をすることで問題の解決を加速させることができます。一方、MBAホルダーは、MBA取得後に経験を積み成功を収めた後、自身の社会との関わり方を再考するとき、習得したスキルと経験を使って社会貢献がしたいと思っているにもかかわらず、きっかけがない場合が多いです。 SONATAは、この両者をマッチングさせるプラットフォームを提供します。

Service
SONATAが他のNPOと異なる最大の点は、アソシエイトは全員MBAホルダーで構成され、経営のプロフェッショナル集団であることです。組織が直面する複雑な経営課題に対し経験豊富なMBAホルダーがコンサルティングを行います。また、この活動が社会で認知されることによりビジネスセクターへの啓蒙を行い、ソーシャルとビジネス両セクターの調和のあるエコシステムの実現を目指しています。

 <社会的事業団体・起業家側の利点>
  事業の課題解決において、優秀な人材からサポートを受けられる
(事業計画や戦略策定、組織作り、マーケティング、資金調達、他)
  人脈ネットワークの利用 (専門分野やキーパーソンの紹介、多国展開など)
  他の団体や起業家コミュニティへの参加
  SONATAからの経営ノウハウ/情報の提供

 <MBAホルダーの利点>
  プロボノ活動 - 社会貢献の機会、現職をつつけながら2枚目の名刺を持てる
  他のMBAホルダーとの接点、ネットワークの拡大
  理論を現場で往復して経験できる
  大手企業ではできない、速いサイクルの事業展開に携われる
  起業家と寄り添うことで、将来自分が起業するときに参考になる


支援のご依頼について Service ソナタのバリューループは、社会問題を扱う団体・組織の経営に対するコンサルティングを通じ内部に経営ノウハウを蓄積していくことで、より良いコンサルティングを実行でき、またアソシエイトのスキルアップ、そして社会により大きなインパクトを与えるというループを回していきます。ここで蓄積されたノウハウはデータベースで管理され、将来的にソナタ独自のプロセス(SONATA Business System)を構築することで、SONATAの組織として継続性のあるコア・コンピタンスを確立するものです。